速報「Diablo IV 」出るって!

BlizzCon 2019で新作「Diablo IV」が発表されました!いきなりトレイラーも日本語版有りということで、本作品はPC版の日本語化も期待されます。動画のストーリーでは魔人メフィストの娘のリリスが復活するところまでが描かれています。

スマホ版「Diablo immortal」方はリリース前から評判が悪かったので心配していましたが「Diablo IV」は全体的に好意的なコメントが多いようです。とくにグラフィックスがかなり綺麗になっただけでなく、「Diablo II」のようなダークで重厚感のある雰囲気が良いetc

ゲームシステム的にはオープンワールドとなって、途切れることのない5つの地域を自由に行き来ができるみたい。そして、キャラクターですがローンチ時には「バーバーリアン」「ソーサレス」「ドルイド」の3つのクラスしかないみたいなので、「デーモンハンター」や「モンク」好きな人は残念ですね。

残りの2クラスがいつ出るかはわかりませんが、後日発表とありますので期待していましょう!タレント・ルーン・レジェンダリーとカスタマイズ性もあるらしいので楽しみです。

前作の情報を最初に記事にしたのがかれこれ7年前ということで、自分は「Diablo II」からやってるので、約20年ですか!?ずいぶん長いことこのシリーズやってますね。

で、いつ出るの!?

 

Battlefield Vに新たなコンテンツ「太平洋の戦い」が登場!

血生臭いの苦手な人は動画はNG。

いよいよ、我らのBattlefield Vに待望の大型のコンテンツアップデート「太平洋の戦い」がやって参ります!

内容はタイトルの通り、日米両軍と太平洋戦争を舞台とした2種類のマップの追加(拍手)ということで、2010年のHBOの「The Pacific」のように、米軍による島上陸と、待ち受ける日本軍の防御陣地での戦いなどが再現されます。

コンテンツのプレイが可能になるのは10/31ですが、10/29夕方のアップデートですでに中隊画面にて日本軍と米軍が追加されていて、キャラクターや装備、ビークルや航空機なども確認することができます。零式艦上戦闘機や九七式中戦車がカッコ良すぎて涙が出ます。

日本兵については、今までの太平洋戦争を題材にしたゲームの中でもかなりまともに再現されているのではないでしょうか。トレイラーでも日米の兵士両方が平等に扱われていて、時代は変わったなぁという印象です。

というわけで、「太平洋の戦い」おじさんの期待度はマックスなのであります。

余談ですが、CoDが話題になっていたので少しプレイしてみました。感想はやっぱりBFVのほうが好きだなぁと。人によって好みはあると思いますが、戦場の臨場感は圧倒的にBFVに軍配が上がります。マップの景色も超美しいですし。マルタ島とか観光気分ですよ。また、CoDでは銃の射撃時の反動や音などの再現が弱い気がします。BFVすごいとしか言いようがない。

皆さんの感想はいかがでしょうか?


DIIVの3rdアルバム「Deceiver」ヘビロテ中

またまたご無沙汰しております。サマソニ行ったなと思ったら、もう秋っぽくなってきましたね。昼間はまだ日差しがきつい日もあるけど、朝晩は窓から涼しくて気持ちが良い風が流れてきます。

仕事がかなり忙しかったけど、新規のお客さんの仕事も無事終わって、感謝のお言葉もいただいて、さっそく次のお仕事も決まったので、頑張って良かったなとしみじみ感じています。他にも困っているお客さんの案件を解決出来たりと、自分なりに手ごたえを感じることが多かった日々でした。

さてそんなわけで、最近はあまりライブにも行けなかったので、もっぱら音源を聴き漁ってます。フォロワーさんたちが本当にセンスが良くて、好みもぴったりなので助かります。中でもDIIVの新しいアルバム「Deceiver」が素晴らしいのでおすすめしたいです。この3rdアルバムはMBVなどを手掛けたことのあるプロデューサーによる新生DIIVということで、今までより表現に厚みが出たというか。美しいメロディ、骨太で残響かなり強めのギター、ドリーミーなボーカルがシューゲイズ最高てな感じに仕上がってます。

LIMBOやってみた

Epic Gamesで「LIMBO」が7月25日まで無料でダウンロード可能ということで、さっそくゲット。ゲーム好きな人の間では有名な作品。前からやりたいと思っていたけど、セールになったら買おうと思っていたので、これはラッキーな贈り物。

このゲームは陰鬱な雰囲気が漂う白黒な世界で、バックグラウンドも何もわからない謎の少年を操作して進んでいくパズルアクションゲーム。

行く先々で待ち受ける罠。引っかかると一瞬で死んでしまう。最初は突然訪れるキャラクターの死に、驚き、戸惑うかもしれないけど、何度も死んでいくうちに罠のすり抜け方がわかってくる。

あまりに簡単に幾度も死んでいくキャラクターに、次第に感覚が麻痺していき、そのうちにキャラクターを殺してしまうことに躊躇しなくなるのが人間の慣れって恐ろしいというか。

ゲーム中にBGMはないけれど、罠などの作動音がグサッと心に突き刺さり、緊張感を高めてくれます。

数時間プレイしてみたけど、横で見ている家族も固唾を飲んで画面を見守り、上手くいきそうなのに死んじゃったときは、みんなで「あぁぁ~なんで!」ってなるぐらいゲームの世界に引き込まれてしまいます。本当に面白いゲームですね。

ゲームを無料でゲットするにはFortniteでおなじみのEpic Gamesのアカウントが必要です。7月25日までなので、急ぐべし!

ブログを独自ドメインに変更しました。ついでにSSL化も。

当ブログはロリポップサーバーでかれこれ15年以上やってきたわけですが、ブログのドメインはロリポップの初期ドメイン(lithium.sub.jp)で運用してきました。しかし、このドメインではSSLの導入が出来ないため、ブラウザのURLのところは🔓のマークでありません。(googleが2018年7月にリリースしたChrome 68からHTTPサイトで警告を出すようになりました。)

まぁECサイトではないし、パスワードも入力するようなサイトではありませんが、常時SSL化されたサイトではgoogle検索結果やサイトの表示速度、Googleアナリティクスなども正確に表示されるなどメリットが多いため、突然ではありますが、独自ドメイン取得+SSL化を実施することにしました。

続きを読む ブログを独自ドメインに変更しました。ついでにSSL化も。

TYCHOの新しいアルバム「Weather」がリリースされる

TYCHOの新しいアルバム出ましたね!まだじっくり聞けてはいないですが、Saint SinnerことHannah Cottrellの歌声がTYCHOのサウンドとじつに見事にマッチしています。よりエモーショナルに。スコット・ハンセンいわく、Japanでは90年代後半に使用していた機材を使用しているようで、なるほど、どうりで聴いた瞬間に「Past Is Prologue」を思い出したわけだ。TYCHOはアナログシンセのドリーミーなサウンドからギターやドラムによりバンド色を強めてきたけど、今回は自分たちのルーツへと一旦回帰しつつ、今までの進化を加えて新たな領域へ足を踏み出しているようですね。それでいて世界観は崩さない。見事です。

美しい世界をのんびり独り歩きするゲーム「Eastshade」はじめました!

すっかり梅雨モードに入ってしまいましたが、そんなときは映画を観たり、ゲームをしたりして、まったり過ごすに限りますよね!え、いつもそうしてる?(笑)とツッコミが入りそうですが、ゲームの話題です。以前から気になっていたアドベンチャーゲーム「Eastshade」が、STEAMのセールで30%オフになっていたので早速購入してみました。

このゲームは半獣の人々が暮らす、自然が美しいファンタジー世界を、主人公の絵描きとなって旅する一人称視点のアドベンチャーゲーム。人々と会話をしながら親交を深め、発生したクエストを解いていきます。

フィールドに落ちている、植物や枝などを集めておきましょう。アイテムを購入してクエストを進めることもあります。クエストを消化すると【growstone】と呼ばれるアイテムが得られるので貯めていきましょう。

もちろん、絵描きなので、絵を描くクエストがあります。描きたい場所にイーゼルとカンバスを設置して、画角を決めたら描きます。どうやったら、絵の中に納められるか、絵を描く場所も考えなければなりません。

本作品は、いわゆる一本道タイプのアドベンチャーゲームではありますが、美しい島を自由に散策出来るので、気の向くまま脱線してしまうのもアリ。BGMも素晴らしいので、ゲームしながらとことんリラックスしましょう。

そして、ここまで書いておいてなんですが、残念なことに、本作品は日本語対応しておらず、すべて英語なんです。でも、NPCとの会話音声ですべて理解するのは難しいけど、英語の字幕が出ているので問題ないと思います。また、ジャーナルにも保存されているので、あとから読み返すことも可能なので一安心ですね!

どうしても行き詰った場合はSTEAMなどクエストの概要がテキストで上がっているので、google翻訳してヒントを得るのもアリだと思います。

とにかく、美しいビジュアルの世界と、素晴らしい音楽との相乗効果でアルファー波が出まくります。究極の癒し系ゲームなので、一本買って損はしないと思います。

ヴァンパイア・ウィークエンドのニュー・アルバム「Father Of The Bride」出ました!

ヴァンパイア・ウィークエンドの6年ぶりのニュー・アルバム「Father Of The Bride」がリリースされました。

・・・長かった。

完成したと発表されてから、だいぶ時間がかかったけど本当に素晴らしいアルバムが出来上がった。

衝撃的なロスタム脱退からバンド活動がだんだん停滞して、バイオのソロ活動が活発になったりして、一時はこのまま消滅してしまうのかと心配していたけど、新しいアルバム制作中とのアナウンスから、しばらく時間が経って、ほぼ完成していると聞いたときは楽しみで仕方なかった。

そして、フジロックで堂々のパフォーマンス。

なんだかんだ、いろいろあったけど、ファンの期待を裏切らなかったエズラ。彼の歌声は相変わらず素晴らしい。ロスタムがいなくてもヴァンパイア・ウィークエンドらしさは失われなかったと思う。聞いたことない人もこの機会にぜひ、聴いてみてください。GWの最終章が素晴らしい日になりました。

【新作ゲーム】押し寄せるゾンビの大群が恐ろしすぎる「World War Z」

ゲームの動画などにグロテスクな描写が含まれているのでご注意ください。

いよいよ令和ということで、最新ゲームタイトル「World War Z」をプレイしてみました!マニアなタイトルかと思いきや発売数日で100万本ヒットとなったそうで、各所で面白いとの声があがっているようです。

「World War Z」は2013年に公開されたブラッドピット主演の同名映画をベースにしたCO-OPプレイのゲームで、PS4、PC、XBoxなどでプレイが可能です。(PC版は言語は英語となります。)開発はSaber Interactive、発売はFortniteなどでおなじみのEpic Games。

このゲームを一言で表わすと「超絶怒涛のゾンビラッシュ」。「Swarm Engine」という技術によって、ゲーム内で1000体の群衆を同時に動かして表示することができるので、映画でおなじみの、壁に押し寄せてよじ登ってくるゾンビの大群も見事に再現しています。遠くから咆哮をあげながら迫ってくる大群にビビること間違いなし。

プレイは4人で協力しながら、ストーリーに沿って進めていきます。キャラクター選択はランダムなのですが、ガンスリンガーや、メディックなどのクラスを選ぶことが出来ます。お互いの能力でカバーし合いながら、ゾンビを倒していきます。キャラクターには、それぞれ背景設定があるんだけど、クリアするまで見れない仕組み。クリアするとムービーが観れるようになっていて、皆それぞれに人生があって興味深い。

物語の舞台は、ニューヨーク、エルサレム、モスクワ、東京の4都市。都市の描写もリアルで、パンデミック後の荒廃した雰囲気が味わえます。薄暗い地下鉄や、ショッピングセンターなど、いかにもって場所を恐る恐る進んでいき、途中で横っ飛びで襲いかかるゾンビに驚き、慌てて味方を誤射しながら(苦笑)前進していきます。

プレイの雰囲気は弟者さんの動画が参考に

想像を絶するゾンビの大群が迫ってくると、怖くて思わず笑っちゃう。それも幾度となくウエーブがありますから、弾切れするとそれはもう本当に焦ります。弾丸の補給ポイントがすぐ近くにあるときでも、ゾンビの波が途切れるタイミングで上手に補給しないと、大変なことになりますので、防ぎきれないってぐらいのギリギリでクリアしたときは爽快です!

というわけで、想像以上に面白いゲームでした。ゲームモードもEASY→NORMAL→HARD→VERY HARD→INSANEと5段階の難易度が用意されていて、やりこみ要素もかなりあります。気になる日本語対応ですが、PS4版は日本語化されるようなので、この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか!?

 

HDDからSSDへ換装して爆速に!(Windowsマシン編)

最近、SSDがかなりお買い得になってきたので
ウインドウズマシンの1TBのHDDをSSDに換装してみた記事です。

購入したのはコレ。私が好きなブランド「クルーシャル」です。1TBでこのお値段。買わなきゃ損です。

まずは換装作業にあたり、HDDのデータを丸ごと移行しようと「AOMEI Backupper」でクローンコピーを実施したのですが、セクタエラーやらで、うまくクローン作成ができなくて(セクターバイセクターでも!)メッセージのエラーを解消しようと「AOMEI Partition Assistant」の有料版を購入したにもかかわらず、何度もコピーがエラー出てしまい挫折・・・orz

仕方ないのでコピーできるものは手動で移動して、それ以外のソフトはインストールし直しました(泣)

その後、SATAのHDDを外して電源とケーブルを差し替えて起動すると、BIOSで止まってしまう・・・。
再起動繰り返しても結果は同じ。そこでSATA3.0のケーブルを交換すると何事もなくあっさり起動しました。

結局、SSDは安くなったけど、余計な出費と時間がかかってしまいました。。。

しかし、換装後、ソフトを起動してみて衝撃が走りました!
誇張表現でなく、3倍早くなりました。(いろいろ計測して3〜4倍くらい)

起動だけでなく、ゲーム自体もサクサクになったと思います。・・・SSD恐るべし。

パソコンのHDDがもっさりしていて、パフォーマンスが気になる人は、この機会にSSD化を検討してみると良いかもしれませんね!