Spotifyの2019年まとめ

Spotifyの公式サイトより「2019年まとめ」をやってみました。

シーズンでの振り返りですが、ほぼ同じメンツで汗。
I Mean Us、MGMT、揺らぎをよく聞いていたようです。

春・・・MGMT、I Mean Us、揺らぎ
夏・・・MGMT、ウィーザー、I Mean Us
秋・・・For Tracy Hyde、揺らぎ、Cigarettes After Sex
冬・・・きのこ帝国、揺らぎ

TOPアーティストは当然ながらI Mean Usですが、時間にして、なんと71時間も聴いていいたそうです。本当に元気になるバンドで大好き。2ndアルバム楽しみにしてます。

2位以下は以下の通り。

2・・・MGMT
3・・・揺らぎ
4・・・きのこ帝国
5・・・ウィーザー

トータル298人、33カ国のアーティストの曲を聴き、ジャンルはインディーポップ、Jロック、台湾インディー、ポップ、Jポップとのこと。

なんだかんだ、今年は台湾インディーの年だったと思います。この集計には出てきていませんが「Hello Nico」や「Vast & Hazy」もヘビロテしてます。

そして、ここまでやって、気がついた!この集計は自分のパソコンで使用しているアカウントで、google homeで使用しているアカウントは統計に含まれていない💦

アジア系のおすすめバンドのプレイリスト作りました

今年はブログの更新も少なくて反省。11月になって急に投稿が増えるのもどうかと思うけど、ボチボチ頑張ります!
さて、今回は自分が最近ハマっているアジア系のバンド(おもに台湾・中国・韓国)のプレイリストをSpotifyで作成したので興味のある方は是非聴いてみてください。

続きを読む アジア系のおすすめバンドのプレイリスト作りました

ColdPlayの新アルバム「Everyday Life」が良すぎて過去最高レベル

ColdPlayの4年ぶりのアルバム「Everyday Life」がリリースされました。 今回のアルバムとても良いですね!1日24時間、世界中の誰しも平等に訪れる1日をテーマにした作品だそうです。朝からヘビロテしてますが静かな叙情的な曲が多い印象。懐かしさを感じるけど、洗練されたシンプルなサウンド。2曲目「Church」からの「Trouble In Town」の流れが最高です。SNSなどでも初期のアルバムを彷彿させると好評のようです。

ヨルダンでのライブパフォーマンスも素敵でした。

しかし、アルバム発表の喜びも束の間、残念なニュースが飛び込んできました。ColdPlayは今回のアルバムツアーは環境問題に配慮して中止するようです。自分たちのツアーがエコに配慮したものになるまで少しお休みとのこと。

思うにコールドプレイは「Ghost Stories」のときのよう実験的なアルバムもやっていいますし(ライブ会場も小規模厳選だった)、飽きさせない工夫でもあるし、彼らのクールダウン=次の大作への準備といったところなのかもしれません。話題性や社会問題への意識の高さもアピール出来ますしね。

なんて、ちょっと裏を読んでしまいましたが、アルバムが本当に素晴らしいので、コールドプレイから遠ざかっていた人もこの機会に是非聴いてほしいと思います。

DIIVの3rdアルバム「Deceiver」ヘビロテ中

またまたご無沙汰しております。サマソニ行ったなと思ったら、もう秋っぽくなってきましたね。昼間はまだ日差しがきつい日もあるけど、朝晩は窓から涼しくて気持ちが良い風が流れてきます。

仕事がかなり忙しかったけど、新規のお客さんの仕事も無事終わって、感謝のお言葉もいただいて、さっそく次のお仕事も決まったので、頑張って良かったなとしみじみ感じています。他にも困っているお客さんの案件を解決出来たりと、自分なりに手ごたえを感じることが多かった日々でした。

さてそんなわけで、最近はあまりライブにも行けなかったので、もっぱら音源を聴き漁ってます。フォロワーさんたちが本当にセンスが良くて、好みもぴったりなので助かります。中でもDIIVの新しいアルバム「Deceiver」が素晴らしいのでおすすめしたいです。この3rdアルバムはMBVなどを手掛けたことのあるプロデューサーによる新生DIIVということで、今までより表現に厚みが出たというか。美しいメロディ、骨太で残響かなり強めのギター、ドリーミーなボーカルがシューゲイズ最高てな感じに仕上がってます。

TYCHOの新しいアルバム「Weather」がリリースされる

TYCHOの新しいアルバム出ましたね!まだじっくり聞けてはいないですが、Saint SinnerことHannah Cottrellの歌声がTYCHOのサウンドとじつに見事にマッチしています。よりエモーショナルに。スコット・ハンセンいわく、Japanでは90年代後半に使用していた機材を使用しているようで、なるほど、どうりで聴いた瞬間に「Past Is Prologue」を思い出したわけだ。TYCHOはアナログシンセのドリーミーなサウンドからギターやドラムによりバンド色を強めてきたけど、今回は自分たちのルーツへと一旦回帰しつつ、今までの進化を加えて新たな領域へ足を踏み出しているようですね。それでいて世界観は崩さない。見事です。

ヴァンパイア・ウィークエンドのニュー・アルバム「Father Of The Bride」出ました!

ヴァンパイア・ウィークエンドの6年ぶりのニュー・アルバム「Father Of The Bride」がリリースされました。

・・・長かった。

完成したと発表されてから、だいぶ時間がかかったけど本当に素晴らしいアルバムが出来上がった。

衝撃的なロスタム脱退からバンド活動がだんだん停滞して、バイオのソロ活動が活発になったりして、一時はこのまま消滅してしまうのかと心配していたけど、新しいアルバム制作中とのアナウンスから、しばらく時間が経って、ほぼ完成していると聞いたときは楽しみで仕方なかった。

そして、フジロックで堂々のパフォーマンス。

なんだかんだ、いろいろあったけど、ファンの期待を裏切らなかったエズラ。彼の歌声は相変わらず素晴らしい。ロスタムがいなくてもヴァンパイア・ウィークエンドらしさは失われなかったと思う。聞いたことない人もこの機会にぜひ、聴いてみてください。GWの最終章が素晴らしい日になりました。

おすすめ台湾のバンド

最近良く聴いているのが台湾のインディーズバンドたち。サウンドも、ちょっとゆるくて、気怠いかんじが自分好み。日本にもどんどん来日してほしい!

I Mean Us

男女5人編成のシューゲイザー・ドリームポップなバンド。曲も美しくて、何度でもリピートしている。

厭世少年

ジャズとファンクとパンクの融合。面白い音楽を作ってる。

午夜乒乓

女性1、男性3人編成のインディー・パンクなバンド。 このノリ好き。

The Fur.​

2016年に結成した男女4人組のドリームポップバンド。お洒落なサウンド。気だるい感じが良いですね。

U.TA屋塔

ウタは2009年に結成した、女性1、男性3人編成のインディーポップバンド。歌声とサウンドに癒されます。

甜約翰(Sweet John)

2016年結成、女性1人・男性4人の5人組のオルタナロックバンド。都会的な洗練された曲が多くていいですね。

プレイリストをディグルと面白い発見アリ!

最近、チェックしているのが音楽配信サービスのプレイリストをシェアするサービス「DIGLE」が運営している「DIGLE MAGAZINE」というメディア。

アーティストのインタビューと連動したプレイリストとか、個性的な切り口のプレイリストが日々紹介されていて、かなり面白いんです。

そちらで発見した「言語関係なくPOPな曲2018」というプレイリストですが、けっこう中毒的にヘビロテしています。

その中で、日本の80年代ポップミュージックを彷彿させるタイのアーティスト「NICECNX」の曲が特にお気に入り。ゆるい 😉

また、プレイリストシェアサービスの「DIGLE」もマイページを作成して、プレイリストを公開したり、ユーザー同士でフォローも出来るので面白い発見や出会いがありそう。昔はCDを貸し借りして音楽の情報交換していた時代思い出すような。出さないような。そうそう、Last.FMを思い出しました。

現在はSpotifyとの連携だけのようですのであしからず。

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」

DIGLE:マイページ

Spotifyの2018年まとめ機能が面白い

28日に無事に仕事も納まりまして、ようやっと冬休みに突入しました!
解放感すごすぎて飛んで行ってしまいそうなので、すぐに掃除の続きをしています。いらない雑誌や空き箱とか片づけてスッキリ爽快、一仕事終えたあとのチャイも美味しいですね。

Spotifyの2018年まとめについて!

Spotify(Premiumだけなのかな?)では今年に聴いた曲のまとめを作成してくれる、面白い機能がありまして、(場所は Browse >> ジャンル&気分 >> 2018まとめ)こちらから画面に従って操作していくと、自分の聴いた曲TOP10だったり、
ジャンルなどの統計が自動的に作成されます。

今年一番最初に発見したアーティスト

やはり美人のジャケットに弱いみたい。

今年Spotifyで再生した時間

再生した時間の単位はminなのかな?

トップアーティスト

やっぱり、今年はこの人たち。再生時間にして21時間聴いてました。

トップアーティスト、トップソング、トップジャンル

こういうの知りたかった。ジャンルはインディー>>ロック>>ポップとのこと。For Trace Hydeに次いで揺らぎはもっと聴いていると思ったけど、曲の数が少ないせいかランクが下に。あと、MGMTはかなり聴いていた記憶があります。

冒険プレイリスト

冒険ということでさっそく試して聴いておりますが、これ面白いですね。自分にピッタリな曲ばかりで新鮮に驚いた。

2018まとめ

Spotify2018まとめは、モーショングラフィックで動くので見ているだけでも面白い。最後にはSNSシェア用の画面が出てくる。そういえばLast.FMを全然使っていないことを思い出したけど、似たような機能があったような。

今年は邦楽も結構聴いていたけど、Tricotとかも良かったし、2019年はもっといろんな曲を聴いてみたいと思います。そしてライブにももっと行けるようにしたい。

というわけで、まとまりがないですが、これが今年最後の投稿です。一年間ありがとうございました!皆様も良いお年をお迎えくださいませ。飲んで、食べて、笑って楽しく過ごしましょう!

Clean Banditの新アルバム「What Is Love?」

お待ちかね!Clean Banditの待望のセカンドアルバム「What Is Love?」がリリースされました。ヒット曲「Rockaby」をはじめ、リタ・オラ、ザラ・ラーソン、チャーリーXCXなど号かな顔ぶれとのフィーチャリングによるゴージャスなアルバム。

独特の軽快なエレクトロなサウンドはフィットネスや仕事のBGMにピッタリ。ヴァイオリンのニール・アミン゠スミスが脱退してからクラシックの要素は少し弱まったけど、Clean Banditはどんどんパワーアップしているよ。

彼らは日本が好きで何回も来日してくれているけど、今回の新アルバム発表の場所を京都で行うそうです。イベントの様子はYoutubeでライブ配信されるとのことなのでお楽しみに。