最近のAppleについて

最近のAppleの振る舞いに専制的、独裁的とご立腹な人が多いようです。プラットフォームビジネスと危惧する人もいらっしゃいますが、もともとプラットフォーム(OS)を作り、ユーザーを囲い込みしてきた企業ですからね〜。感情的になる前に今一度Appleという企業を理解してみようではありませんか。Appleは売れてきたから我侭を言い出したわけではないのです。

Appleは自らのプロダクトを、そのブランドを巧みにコントロールしてきた数少ない企業です。ファンはそこを気に入っているわけで。自らOSを作り、ハードをデザインし、流通をコントロールできるなんて稀有なことで、それが出来る企業は本当にすごいと思います。維持するためにやるべきことはやってほしいと思います。それがなかったらユーザーエクスペリエンス云々なんて期待できないですよね、きっと。

Appleのプロダクトがコモディティ化してチープに見えるようになったらそれこそ危惧すべきことだと思いますし、個人的には外観も中身もコロコロ変わってしまうようなAppleには興味を持たないと思いますし、気に入ったものにはしっかりと対価を払って楽しみたいものです。

そんなわけで私はAppleの我侭には賛成
というか昔からあの会社は何も変わっていないのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA