MacとWindowsのモニター切り替え器が便利です

先日、私が新しいPCを購入したので、今まで使っていたPCを娘に譲ることにしました。彼女はMacユーザーですが、PCと2台使いしたいということで、Mac Book Air(2017)とPCのモニターを共有するためのHDMI切替器を購入しました。これは、パソコンとゲーム機なども切り替えて利用することが出来ます。

このHDMI切替器、値段が安いです。そしてACアダプターが必要ないのが素晴らしい。接続方法も簡単で、PCとMacそれぞれのHDMIケーブルをHDMI切替器の1番と2番のポートに挿入して、反対側のHDMIポートからモニターに繋げるだけです。

操作も簡単で、HDMI切替器の中央のボタンを押すだけ。緑色のランプが点灯している方がアクティブとなります。(画像はAmazonより)MacとPCの切り替えもスムーズです。(スリープになっていると切り替え後の反応がやや遅くなります)

そして、マウスはロジクールのMG590にしました。これはBluetoothもしくはUnifyuingで利用できるワイヤレスマウス。MacとPCそれぞれでペアリングが可能で、マウス本体の切り替えボタンで瞬時にOSを切り替えて利用出来る便利なマウスとなっています。

ちなみにモニターはこれ。AH-IPSでノングレアタイプ。AH-IPSっていうのは従来のIPSより透過率が高く、バックライトを暗くしても輝度を落とすことなく表示することが出来るIPSの新しい方式。ベゼルも薄くて、視野角も広いのでこれにしました。

これにモニターアームも付けて、デスクも広いものにしてあげたので、今までの数倍作業環境が良くなったと喜んでいます。自分のデスクより広い!

というわけで、PCとMacを平行して利用する環境を整備してみました。モニター切替器は安価なのですぐ壊れないか心配ですが、安いのでまた購入しても良いかなと。

新しいPCを購入しました(ドスパラ/GALLERIAシリーズ)

先日パソコンを新しく購入しました。ドスパラのガレリアシリーズです。

ゲーミングPCも様々なメーカーで発売されていますが、ドスパラさんの新しいガレリアシリーズはマットなブラックで、前面のデザインも一番かっこよかったのでこれに決めました。

CPUはRyzenに

今回、CPUはIntelではなくRyzen にしました。AMD Ryzen 5 5600X (3.7GHz-4.6GHz/6コア/12スレッド)です。

ベンチマーク比較サイトなどで調べてみたのですが、とてもコスパの良いCPUだと思います。ゲームやPhotoshopみたいにマルチ性能があまり関係ないソフトにおいては上位のCPUと引けを取らないパフォーマンスを発揮するようです。

グラフィックはRTX3060

グラフィックはGeForce RTX 3060 12GBです。仕事とゲームで使うパソコンなのでこれぐらいの性能があれば十分です。ゲームのグラフィック設定でテクスチャや影などULTRA設定にしても全く問題ありません。以前がGTX 1600 6GBでしたので体感でかなり向上したように感じています。画像は最近始めたゲームアセントのキャプチャ。

OS搭載ディスクはNVMe SSDでかなり高速に

OSをインストールする起動ディスクはNVMeのSSDです。以前のマシンはSATAなので、読み書きスピードが劇的に高速になりました。CPUよりもこちらのほうがPCの全体的な速度向上を実感するような気がします。CrystaDiskMarkベンチマーク測ってみました。左がNVMe、右がSATA。

その他

今回はケースも大きくなりファンの音などが気になるかなと思っていたのですが、もちろん高負荷ゲームはファンの音も大きいですが、通常ではとても静かだったので意外でした。静音ファンにするかどうか悩んでいたのですが、このままでも良さそう。

そして今回、まったく予期していなかったのが音質の向上です。スピーカーが同じなのになんで?って思って調べたのですが、なるほど。マザーボードで音質は変わるとのこと。以前と比べて、こうも変わるのかっていうくらい音の解像度、音圧が良くなっていて驚きました。

ちなみに、メモリーは16GB。いまのところ困ったことはないのですが、そのうち32GBに増設すると思います。

Windowsも引っ越し作業は昔ほどではない

Windowsって、パソコンの引っ越しが大変面倒なイメージがあったのですが、最近はアプリの設定なんかもクラウドでバックアップ出来るものが増えたりするので、以前より大変さはなくなりました。

仕事ではgoogleのサービス(gmail、ドライブ、googleフォト)をメインで使っているのでChromeを同期したら作業完了です。メールソフトもThunderbirdならば、メールデータとアカウント情報をコピペで移行完了。手間がかかるのはAdobeやマイクロソフトオフィスの再インストールくらいでしょうか。前述したとおり、slackもNotionも再ログインすれば、すぐに今まで通り作業が可能ですから本当、便利な世の中になったもんです。

感想

とにかく全体的なキビキビ感がすごい。NVMeのSSDのパワー!

筐体は思ったより横幅が大きかったけど、すっきりシンプルなデザインなのですぐに慣れました。前面の上部に、電源やジャック、USBポートあるのは、ヘッドホンとか、ゲームコントローラー繋ぐには便利だと思います。

夜寝るときにLEDがうるさいなと感じる人は、LED制御アプリを入れると消灯できます。(BIOSの設定でも可能)

明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!

西暦2021年となりました。2000年過ぎてからもう21年?って感じですよね。長男も今年で成人式なんて驚きです。そして、今年は長女が不在なので、妻と私と長男と3人でささやかなおせち風料理で元旦を迎えました。

それにしても、昨年はコロナで世界中が大変な一年でしたね。今年はワクチンの供給も始まるとのことなので、少しでも安心感みたいな雰囲気が出てくると良いなと思います。とはいえ、あくまでもワクチンですから、コロナが突然消滅するわけでもなく、しばらくは公衆衛生に気をつける生活様式は変わらないだろうと思います。皆さんも気をつけてお過ごしください。

さてさて、今年の抱負ですが、何よりも健康には気をつけたいと思います。リモートワークということもあり、ワークアウトしたり、歩いたり、自転車したりと常々気をつけてはいましたが、自分で思っている以上に体が劣化してきてますからね!(ここ数年でぎっくり腰、四十肩やりました)

もう一つは、「笑顔と穏やかな気持ち」かなと思っています。自分がいつも笑顔でいることで、周りの人が少しでも気持ちを和らげ、安心してくれること。そして、常に親身になってあげられる心でありたいと思います。

仏教で「諸法無我」という言葉がありますが、自分が存在していることは常にだれかと繋がっていて、互いに影響を与えているということ。自分は生かされているという気持ちを大切にしたいです。

最後に、「初心忘れるべからず」です。これは仕事のことになりますが、今まで自分が気づいてきたもの、身につけてきたものを一度リセットするぐらい、新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。そのためには気持ちも新たにし、情報収集や勉強は日々怠らないようにしてきたいです。(無理しない程度に・・・)

というわけで、まとまりもないですが、本年も当ブログ共々よろしくお願いいたします。皆さんにも素敵な一年になるようお祈りいたします!世界が平和でありますように!

 

 

Notionで「今週」と「今月」フィルターする方法

Notionはデフォルトのフィルターでは「今週」や「今月」でフィルターすることが出来ないのですが、Fomulaを使うことで実現可能でした。海外のRedditというサイトで紹介されていたものですが整理してご紹介します。

仕組みとしては、日付プロパティから週/月の数値を取得し、それを現在の日付の週/月の数値と比較するというものです。下記のような「今週」or「今月」Fomulaを作成して、チェックボタンをつけるようにして、それをフィルターすることができます。

「今週」をフィルターするためのFomula

prop(“Date”)の”Date”部分は自分で設定した日付名です。

formatDate(prop("Date"), "WY") == formatDate(now(), "WY")

「今月」をフィルターするためのFomula

prop(“Date”)の”Date”部分は自分で設定した日付名です。

formatDate(prop("Date"), "MY") == formatDate(now(), "MY")

例えば、「今週」をフィルタリングしたい場合は、フィルターで、Fomulaのカラムでチェックボックスが入ったものを選ぶだけです。

探してみると他にもいろいろなフィルター方法がありますが、Fomulaカラムは一つしか使わないのでこれが一番シンプルな気がします。この計算式のカラムはカスタマイズで常に非表示に設定しておけばよいですね。

というわけで、最近ではタイムラインビューなども追加され、どんどん改善されまくっているNotion。使えば使うほどに馴染んてくる感じが本当に素晴らしい!あとは、自分でFomulaで作成したカラムをグループで使えるようになるとよいんだけどなぁ。

子供の成長

この夏で長男が二十歳になり、長女は二十二歳になった。毎年おきまりのように呟いているが、ここ最近は子供の成長が加速度的に早くなった気がする。それも、最近は肉体的というより、精神的な成長を実感するようになった。

例えば、我が家では毎朝、NHKの情報番組を見ているのだが、以前は時事ニュースを話題にするのは私と妻だけであった。子供たちはどちらかというと無関心だった。しかし、近頃は政治や経済の話題に対して興味を持つようになり、質問だけでなく、自分なりの意見を主張するように。コロナや、アメリカの選挙、環境問題、人種問題などいろいろと関心ごとも増えてきたようだ。

議論に発展することも多々。子供たちの意見は、理論もしっかりしていて、成る程とこちらが感心することも。どうやらいつまでも子供だと思っていたのは私だけだったみたい。それにしても、家族でディスカッションするのは空気を読む必要がないから面白い。

そんな子供達も、コロナの影響により大学はリモートとなり、貴重な大学生活が味気ない無機質なものになってしまっている。もう半年近く家とアルバイトだけで、さぞかし息も詰まっているのではないかと心配になり聞いてみたが、聞けばびっくり。友達とオンラインを通じ何ら変わらず楽しくやっているのだという。ディスコードやZOOMなどツールは様々で、最近は一緒にゲームしながらビデオでチャットは当たり前なんだとか。

たしかに自分も若いころにネットで知り合った友人が多い。そう、若いころはそんなものだったかもしれない。(オンとオフって概念はあったけどね)子供の成長とは逆に自分の感覚が老いていくのが恐ろしい今日この頃であった。

【追記あり】任天堂SwitchがNAT超えできないのでIPoEとPPPoEの併用をしてみた

テレワークにおいて、家庭内のネットワーク機器が増えて接続が安定しなくなっていたので、ルーターをバッファローの「WSR-5400AX6」という新しいモデルに交換してみた。Wi-Fi6にも対応したやつです。

結果としては成功で、速度も速くなり、複数台の同時接続も安定して利用できるようになりました。

しかし、何故だか今まで使えていた任天堂Switchの対戦マッチングができなくなってしまった。調べてみると、NATタイプがCになったことが原因のようです。我が家はOCNバーチャルコネクトですが、今まで問題がなかっただけに謎です。ルーターの相性問題?

IPv6なので、ポート開放なども出来ず、DMZ設置なども試みたのですが、どうしてもNATタイプは変わらずのお手上げ状態。調べてみると、こういう方は結構いらっしゃるみたいですね。(ゲーム機もそろそろIPv6対応してほしい)

解決策としていくつか見かけたのが、IPoEのIPv6接続をそのままに、ゲーム機だけPPPoE接続のIPv4接続してしまうという方法。今まで使っていたルーターも余っているので、早速試してみました。

やり方は図の通り。

まずはONU直下にIPoE/IPv6のルーターを設置(PPPoEパススルー機能を入)します。そして配下にもう一台ルーターを設置して、そちらをPPPoE/IPv4で接続させます。(プロバイダーから用意された認証IDとパスワードが必要)※図中のIPアドレスは自分の環境にあわせてください。

注意点としては、IPoE/IPv6のルーターはPPPoEパススルー機能がついているルーターじゃないとダメということ。また配下に置いたPPPoEで接続するルーターはIPv6パススルー機能などはオフにして、DHCPサーバー機能もオフにする必要があります。

PPPoEルーターに接続させる機器はルーターのDHCPがオフになっているため手動で接続設定をします。任意のIPアドレスを割り当て、ゲートウェイアドレス、DNSアドレスにはPPPoEルーターのIPアドレスを入力します。

以上のやり方でゲーム機だけIPv4で接続をさせることが出来ました。NATタイプもCからBになって対戦のマッチングも無事に出来るように!

追記:さらに、このルーター同士をLANケーブルで接続してネットワークを混ぜるやり方もあるそうです。お互いの機器同士も接続できるメリットもあるけど、セキュリティ的には心配なのでやめておきます。

【追記】しばらくしてから、ネットが突然おかしくなり、PPPoEとIPoEの併用ができなくなった。どうやらDNSで問題が起きている模様。いろいろと試してみるも、どちらかを繋いでいると、片方が接続出来ない。仕方がないので、ONUの直下にスイッチングハブを設置して、ルーターそれぞれに分岐して接続したら問題は解消した。ルーターの設定は上記設定そのままでOK。もし、OCN+バッファローで同じような状況に見舞われた人は試してみてほしい。

超おすすめな生産性向上ツール「Notion」

今回は超おすすめな、生産性向上ツール「Notion」をご紹介したいと思います。

Notionとは、ノート作成、Wiki、タスク管理などができるオールインワンなWEBサービスで(デスクトップやスマホのアプリもあります)、最近、個人での利用が一部制限はありますが無料になりました。

その影響もあって、Twitterなどでも話題にしている人も増えてきた印象。ブログ記事もかなり見かけるようになりました。自分も1年半以上使用してきて、それなりに使いこなしてるのかなと思います。

また、便利な点だけでなく、気になっている点、改善してほしい点もありますので、まとめてレビューしたいと思います。

続きを読む 超おすすめな生産性向上ツール「Notion」

ロリポップのDBをバージョンアップしたら高速になった件

ちょっと、恥ずかしい話。。。

なんと、今までロリポップのデータベース、ずーっとMySQL5.1で運用していました。なんのこっちゃ?って人もいるかと思いますが、雑に説明すると、ブログのデータ保存する器(データベース)のバージョンが7~8年前の古いものをづっと使ってたってことなんです。なぜ気が付いたかというと、最近のWordpressで、サイトの健全性をチェックする「サイトヘルスステータス」という余計な(素敵な)機能がついたのですが、ここに致命的なエラーとして「非常に古いデータベースサーバー」と出ていたのです!なんで今まで気が付かんかったんだろう。。。

というわけで、セキュリティ上のリスクもありますので、早速アップデートします。まずはロリポップの管理画面から、「phpMyAdmin」でデータベースをバックアップします。エクスポートで「詳細」をチェックしましょう。

続いて、生成オプションで「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT」にチェックしてエクスポートします。以上でエクスポート完了。続いて、ロリポップの管理画面からデータベースを削除。

削除すると新規に作成できます。私は以前のデータベースとデータベース名称、パスワードは同じにしました。新規作成されるとデータベースのバージョンは自動的に5.6になります。

「phpMyAdmin」でデータベースへエクスポートしたデータをインポートします。

あとはWordPressの「wp-config.php」ファイルに、データベース名、データベースのID、パスワード、ホスト名を設定してあげれば完了です。問題なければ今までの通り表示されていると思います。

というわけで、無事サイトヘルスステータスでOKをいただきました!めでたしめでたし。MySQL5.6はリリース史上最高のアップデートと言われていて、クエリの処理など高速化されています。まさに怪我の功名ですね。

OCN V6アルファをバッファローのルーターで使用してみた!

みなさんはテレワーク慣れてきましたか?

私の会社もすでに4週目に突入していますが、ZoomのミーティングもSlackのチャットコミュニケーションもかなり慣れたかんじ。若い子なんかは2、3日あれば余裕みたいですね。これを機会に効率の良い、無駄を省いたワークフローが整備されていけば良いと思います。

うちの場合、モバイル強化するために、2年前にSlackやNotionをといったツールを導入していたのでタイミング的に良かった。いま、このタイミングでテレワーク用のツールやハード選びして、導入して慣れるまでいろいろと大変だと思います。評判の良いパソコンとか品切れしてたりして、すぐに手に入らないみたいですしね。

自分がおすすめしたいのはNotion。万能ナイフみたいなツールで、ノート作成だけでなく、ToDo管理、データベース構築などなんでもできちゃう。テレワーク専用のタスク管理なんか10分で作れます。さらにgoogleやMiroとか他のツールのインポート、インライン表示もできるから、全部が全部Notionでやらなくても良いですし。すごくフレキシブルで拡張性の高い生産性向上ツールだと思います。

さて、閑話休題です。

OCNのV6アルファと呼ばれるIPoE/IPv4 over IPv6サービスをここ1年半くらい使っていました。これはOCNのインターネット回線バックボーンへ直結するため、ネットの混雑を回避できるとても良いサービスです。

サービス利用にあたって、専用ルーターが送られてくるのですが、これが性能的にあまりよろしくないのです。家族全員がゲームや動画なんかをやっているとフリーズすることがあったり、ルーターのセキュリティー機能が結構強めで、そのせいかネットサーフィンなど動作が重く感じられるのです。

当初はこのルーターしか選択肢もなく我慢して使っていたのですが、最近はバッファローなどがIPoE/IPv4 over IPv6対応ルーターを発売しているため、思い切って乗り換えてみました。あくまでもOCNは専用ルーター以外の動作保証はしないと言っていますが、バッファローのHPにある対応製品であれば全く問題なく利用できるかと思います。OCN v6アルファーの場合はOCNバーチャルコネクトと内容は同じとのこと。

とくに難しい設定もなく、終端装置(ONU)のルーター機能をオフにして、ブリッジ接続して、バッファローのルーターをRTモードにするだけ。あとは自動設定でOCNのV6サービスへ自動的に接続します。家族は速くなったとコメントしてくれました。Fast.comで測ったところ、速度は同じでしたけどね!

 

【訂正】パソコンからSpotifyをクロームキャストする方法

【追記: 2020.12.10】Spotifyのクライアントアプリを最新版にアップデートいただくと、Chromeキャストなどのデバイスにダイレクトにキャスト出来るようになりました!最高!

パソコン版Spotifyアプリから直接クロームキャストにキャストできない問題。

リビングのスピーカーでのんびり音楽を聴きたいってときに、なぜかパソコン版のSpotifyアプリではクロームキャストにキャストすることはできないのです。

いつか改善されるのかなと思っていますが、もう数年経っても改善されないのであきらめムード。

では、パソコンからクロームキャストでSpotifyの再生できないのかといえば、やり方は2パターンありますのでご安心ください。

1.SpotifyのWebプレイヤーを使用する

こちらが一番おすすめの方法。パソコン版のSpotifyアプリは使用しないで、ChromeブラウザでSpotifyのWebプレイヤー版を使用するやり方です。

まずは、ChromeからSpotifyのサイトを開き、画面の左下にある(WEB PLAYERを開く)でWebプレイヤーを開いておきます。

https://open.spotify.com/

そして、Chromeの設定からキャストからクロームキャストを選択します。

ブラウザの右上にある、キャストのアイコンをクリックすると、キャストできるデバイスが表示されますので、キャスト先にクロームキャストを選択します。

それから、Webプレイヤーにもどり、右下にある、デバイスのアイコン「接続可能なデバイス」をクリックしてクロームキャストを選択して再生すれば完了です。

というわけで、無事に、パソコンからクロームキャストでSpotifyを再生できるようになりました!Webプレイヤー版のほうがアルバムアートワークの表示が小さいので、HOME画面にいっぱい表示されるというささやかなメリットがあります。また、この状態でデスクトップ版のアプリに戻るとそのまま再生を引き継ぐこともできます。

2.スマホのSpotifyアプリを利用する

これは個人的には邪道なやり方だと思うのであまりおすすめしません。

まずは、スマホ版のSpotifyアプリで曲を再生して、再生するデバイスをクロームキャストに切り替えます。

次いでパソコン版のSpotifyアプリを起動すると、再生デバイスの選択からクロームキャストが選択できるようになりますので、クロームキャストで再生します。

これでパソコン版アプリから操作はできるようになりますが、スマホで操作できるならパソコン必要ないんじゃない?ってかんじですよね。パソコンの大きい画面で操作できるのは便利ですがなんか腑に落ちないです。

以上、パソコンからSpotifyをクロームキャストする方法でした。