最近聴いている邦楽

コロナウイルスで世の中もちょっと元気ない感じ。ライブも自粛ムードでアーティストもライブハウスなど大変だと思います。

自分も4月にフェスに行く予定でしたが、自重ムードだし、残念だけどあきらめるかな。あー早くコロナ終わってほしいですね!

まぁ、そんなときは家で美味しいコーヒーでも淹れて、のんびり読書して音楽とか楽しむしかない。ポジティブに生きよ。というわけで日常を楽しい気持ちにしてくれるアーティストをセレクトしました。

Lucky Kilimanjaro

ラッキー・キリマンジャロ面白い名前。通称ラッキリらしい。かっこいいシンセのリフとキャッチーな歌詞が頭の中でヘビロテしてしまうよ。とてもおしゃれなシティポップ・バンド。

YeYe

京都とオーストラリアを拠点に活動するSSW。優しい歌声が超癒し。仕事で疲れたな~って夜に聴いてライフ全快。

羊文学

今、一番聴いているバンドです。曲もシューゲイズでかっこよかったり、ポップだったり多彩です。モエカさん可愛いです。とにかく聴いてほしい。

kojikoji

ウィスパーボイスとチルなメロディが素敵。コジコジで検索するとアニメのキャラばかり出てきますね。

クボタカイ

ほどよい抜け感のラップソングが心地よい。フリースタイルのラッパーで上に紹介したkojikojiとのコラボ曲も。アルバム楽しみ。

中村佳穂

2016年のフジロックでたまたま通りかかったライブすごかった。圧倒的な歌唱力に楽曲センス。ジェイムス・ブレイクのライブ観て自分の中の歌に対する考え方変わったという話好き。唯一無二という歌の力を感じる。

ユミ・ゾウマの新しいアルバムは朝から爽やかな気持ちにさせてくれる

ニュージーランド出身、ユミ・ゾウマの3年ぶりとなるスタジオアルバム「Truth or Consequences」が3月11日にリリースされ、絶賛ヘビロテ中です。前作のキラキラとしたドリームポップ感も最高でしたが、プロデューサーにジェイク・アロンをむかえ、柔らかいトーンに包まれ、しっとりロマンティックな雰囲気に仕上がっています。バンド・スタイルもさらに進化した感じですので、ライブも楽しみですね。というわけで、ユミ・ゾウマ、朝の散歩とかに聞くと爽やかで良いかんじです。(ソフトなメロディは裏腹に歌詞は重たかったりするそうです)

パソコンからSpotifyをクロームキャストする方法

パソコン版Spotifyアプリから直接クロームキャストにキャストできない問題。

リビングのスピーカーでのんびり音楽を聴きたいってときに、なぜかパソコン版のSpotifyアプリではクロームキャストにキャストすることはできないのです。

いつか改善されるのかなと思っていますが、もう数年経っても改善されないのであきらめムード。

では、パソコンからクロームキャストでSpotifyの再生できないのかといえば、やり方は2パターンありますのでご安心ください。

1.SpotifyのWebプレイヤーを使用する

こちらが一番おすすめの方法。パソコン版のSpotifyアプリは使用しないで、ChromeブラウザでSpotifyのWebプレイヤー版を使用するやり方です。

まずは、ChromeからSpotifyのサイトを開き、画面の左下にある(WEB PLAYERを開く)でWebプレイヤーを開いておきます。

https://open.spotify.com/

そして、Chromeの設定からキャストからクロームキャストを選択します。

ブラウザの右上にある、キャストのアイコンをクリックすると、キャストできるデバイスが表示されますので、キャスト先にクロームキャストを選択します。

それから、Webプレイヤーにもどり、右下にある、デバイスのアイコン「接続可能なデバイス」をクリックしてクロームキャストを選択して再生すれば完了です。

というわけで、無事に、パソコンからクロームキャストでSpotifyを再生できるようになりました!Webプレイヤー版のほうがアルバムアートワークの表示が小さいので、HOME画面にいっぱい表示されるというささやかなメリットがあります。また、この状態でデスクトップ版のアプリに戻るとそのまま再生を引き継ぐこともできます。

2.スマホのSpotifyアプリを利用する

これは個人的には邪道なやり方だと思うのであまりおすすめしません。

まずは、スマホ版のSpotifyアプリで曲を再生して、再生するデバイスをクロームキャストに切り替えます。

次いでパソコン版のSpotifyアプリを起動すると、再生デバイスの選択からクロームキャストが選択できるようになりますので、クロームキャストで再生します。

これでパソコン版アプリから操作はできるようになりますが、スマホで操作できるならパソコン必要ないんじゃない?ってかんじですよね。パソコンの大きい画面で操作できるのは便利ですがなんか腑に落ちないです。

以上、パソコンからSpotifyをクロームキャストする方法でした。

TYCHOが新アルバム「Simulcast」をリリース

ティコの新作が出ました。前作のアルバム「Whether」ではヴォーカル入りの曲を中心に構成して新しい境地を開拓しましたが、本作品は前作のインストバージョンのようです。「Awake」や「Epoch」と違ったやわらかいテクスチャーのサウンドがとっても美しいですね。

コロナウィルスとかいろいろ心配なこともあると思いますが、素敵な音楽で気持ちを落ち着けてリラックスした気持ちでいることも大事ですよね。不安を煽ったり、他人と争ってはいけません。

映画「1917 命をかけた伝令」を見てきました(ネタばれあり)

映画の全編をワンカットに見えるように・・・という、挑戦的な映像制作に挑んだサム・メンデス監督作品の映画「1917 命をかけた伝令」を見てきました!

以下ネタバレありますのでご注意ください。

続きを読む 映画「1917 命をかけた伝令」を見てきました(ネタばれあり)

グライムスの5thアルバム「Miss Anthropocene」がリリース

グライムスの4年ぶりとなる5thアルバム「Miss Anthropocene(ミス・アントロポセン)」がリリースされました!あらためて、1stから聞き直すと、独自の世界観を軸に着実に進化し続けてきているのがわかりますよね。前作の「Art Angel」はポップでキャッチーなのにとても繊細で、本当に素晴らしいアルバムでした。各方面から絶賛され、世界的にもグライムスが認知されるようになったわけですが、今作は壮大で神々しささえ漂うダークファンタジーな作品とでも言いましょうか。ちょっと大げさかもしれませんが。スケールの大きな作品になりました。いやはや、もう宅録のカテゴリー超えた。ヘッドフォンで爆音で没入して聞くのおススメします。

そして、グライムス本人は、あのテスラのイーロン・マスク氏と交際し、子供を授かるというおもわずフェイクかと思うような大ニュースもあったわけですが、母になり、さらに宇宙的で神秘的な曲作りを頑張ってほしいと願います。

テーム・インパラの4枚目のアルバム「The Slow Rush」最高です

テーム・インパラ(Tame Impara)の待望のニューアルバム「The Slow Rush」出ました!リリース直後からTwitterのTLでも最高と絶賛する声が大勢でしたね。前作のCurrentsがあまりに素晴らしい出来栄えだったので、次作はそれを超えるのは難しいと勝手に思っていたのですが。。。そんな私の予想を見事に裏切ってくれる、テーム・インパラの甘美で優雅な世界観が満ち溢れる素晴らしい作品に仕上がっていてました。むしろ前作のシンセサウンドよりこちらのほうが好きかも。初期のころの60~70年代サイケデリックからだいぶ変化してきていて、もはやサイケ・ロックというジャンルでもないのかなと思いますが、(いや、サイケだよな・・・)それは、よい意味でテーム・インパラ独自のサウンドが確立されているということなのですね。

推理ゲー「Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)」の謎解きが面白い!

最近、STEAMで購入した推理ゲーム「Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)」が面白い。

このゲームの説明は下記のとおり。

時は1802年。200トン以上の交易品を積んだ商船「オブラ・ディン号」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。 そして今日、1807年10月14日早朝のこと。オブラ・ディン号は突然、ファルマス港に姿を現す。帆は損傷し、船員の姿も見えない。これを受け、東インド会社ロンドン本社所属の保険調査官が、ただちにファルマス港に派遣された。同船内を直接調べ、損害査定書を作成するために――。 「Return of the Obra Dinn」は、探索と論理的推理で展開する、一人称視点の謎解きミステリーアドベンチャーゲームである。

このゲームは主人公の保険調査官となって、数年間も行方不明になっていた船「オブラ・ディン号」と、消えた乗員・乗客の安否を調査するという推理ゲーム。推理小説やアドベンチャーゲーム好きにはたまらないですね。そして、特徴的なのはゲーム画面で、パソコンが登場したばかりの頃の、1ビットなレトロ調で描かれているのだ。味のあるモノクロのグラフィックがしぶい。しかも、ただの静止画じゃなくて、マトリクスみたいに視点がぐるっと移動できる。角度を変えると違った発見があるかも。

主人公はある人物から渡された懐中時計を使って、船の乗員たちの残留思念を読み取ることができるようになる。オブラ・ディン号船内をくまなく探索し、当時彼らに何があったのかを追体験しながら人物の名前や死因を調査して手帳にまとめていく。

ただし、映像だけではわからないことだらけ。そこで、下のキャプチャーのように、手帳に記載している乗員リストなんかも手掛かりにして、人物の肩書や、国籍なんかも参考にして調査を進めていく。

ストーリーも秀逸だが、独特な映像と音楽が大変素晴らしく、ぐいぐいと引き込まれてしまう。根気よく船内を調査すればヒントは少しずつ見つかるので頑張ろう。久々にこつこつじっくりと楽しめる良ゲームに出会った。

ディスプレイアームでデスク回りをスッキリ見せる

前からずっとやりたかったのが、ディスプレイアームによるモニター固定。正月休みで時間もたっぷりあるので付け替えてみました。購入したのはグリーンハウスさんのGH-AMCG01という製品です。

下の写真がビフォーアフターとなります。左が元のモニター、右がディスプレイアームで固定したもの。

どうです、モニター下の空間が空いて、すっきりした感じしませんか?

ディスプレイアームは5軸制御で前後と角度が変えられます。ゲームをしているとき、ネットサーフィン、動画鑑賞など、それぞれに最適なモニターの距離が変えられるのですごい便利です。

また、モニターの裏にある、アームとポールにはケーブルを通すガイドがあるので、すっきり配線もできて良いと思います。

レビューでは製品のねじが固いとか、値段相応とか低評価レビューもありますが、自分の購入したものはとくにそんなことはありませんでした。工具は付属のレンチがあれば十分対応可能です。購入前に気を付けるのはクランプ(机を挟む器具)を取り付ける位置ですね。机の形状によってはクランプが奥まで入らないとか、ありそうなので要注意です。

値段が安いのであたりはずれもあるかもしれませんが、そのへんは返品交換など対応してもらえるのかなー。

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。

2020年元旦、穏やかに晴れていて気持ちの良い朝でした。午前中に家族で初詣へ出かけ、お節料理を食べたり、テレビを見たりしてゆっくりと過ごしています。(写真は家族だけバージョンのお節料理)

さて、当ブログですが残念ながら去年の更新は過去最低頻度でした!(汗)いろいろ忙しかったのもありますし、仕方がないかなと。(開き直り)

今年はもう少し更新したいと思いつつも、気負わず、背伸びせず、ゆっくりのんびり継続しようと思っています。とりあえず、もうあと3年くらいで20年目となるので、これをひとつの目標として頑張りたいと思います。

ブログの題材となる、カフェ巡り、音楽、ゲームを楽しみながら。自分にとって大事なこと、大切な人との時間を少しでも有意義に過ごしたい今日この頃です。

皆様にとっても素敵な1年でありますように!