推理ゲー「Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)」の謎解きが面白い!

最近、STEAMで購入した推理ゲーム「Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)」が面白い。

このゲームの説明は下記のとおり。

時は1802年。200トン以上の交易品を積んだ商船「オブラ・ディン号」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。 そして今日、1807年10月14日早朝のこと。オブラ・ディン号は突然、ファルマス港に姿を現す。帆は損傷し、船員の姿も見えない。これを受け、東インド会社ロンドン本社所属の保険調査官が、ただちにファルマス港に派遣された。同船内を直接調べ、損害査定書を作成するために――。 「Return of the Obra Dinn」は、探索と論理的推理で展開する、一人称視点の謎解きミステリーアドベンチャーゲームである。

このゲームは主人公の保険調査官となって、数年間も行方不明になっていた船「オブラ・ディン号」と、消えた乗員・乗客の安否を調査するという推理ゲーム。推理小説やアドベンチャーゲーム好きにはたまらないですね。そして、特徴的なのはゲーム画面で、パソコンが登場したばかりの頃の、1ビットなレトロ調で描かれているのだ。味のあるモノクロのグラフィックがしぶい。しかも、ただの静止画じゃなくて、マトリクスみたいに視点がぐるっと移動できる。角度を変えると違った発見があるかも。

主人公はある人物から渡された懐中時計を使って、船の乗員たちの残留思念を読み取ることができるようになる。オブラ・ディン号船内をくまなく探索し、当時彼らに何があったのかを追体験しながら人物の名前や死因を調査して手帳にまとめていく。

ただし、映像だけではわからないことだらけ。そこで、下のキャプチャーのように、手帳に記載している乗員リストなんかも手掛かりにして、人物の肩書や、国籍なんかも参考にして調査を進めていく。

ストーリーも秀逸だが、独特な映像と音楽が大変素晴らしく、ぐいぐいと引き込まれてしまう。根気よく船内を調査すればヒントは少しずつ見つかるので頑張ろう。久々にこつこつじっくりと楽しめる良ゲームに出会った。

幻想的で思わず引き込まれる世界観のゲーム「GOROGOA」

ゲームの紹介動画を見て、一目惚れして即ポチした。まるで海外の絵本のような美しく幻想的な世界観をベースに、主人公の少年を動かして5色のオーブを集めていくというインタラクティブなパズルゲーム。イラストをクリックして拡大したり、ドラッグして位置を変えたり。難易度はそんなに高くないので子供でも楽しめると思います。とはいえ、今までにない感覚のパズルゲーム、ひとたび始めてしまったら最後まで一気にやってしまうことでしょう。秋の夜長におすすめです。

ニンテンドーSwitch、iOSアプリ、STEAMなどで発売中(STEAMは割引セール中です!)

謎解きゲーム「Please, Don’t Touch Anything」

500円の価値は十分にあるインディゲーム

Steamゲームの紹介です。「Please, Don’t Touch Anything」というこのゲーム。とてもレビューの評価が高かったのでプレイしてみました。ゲームは謎解き系です。ある部屋で留守を頼まれる主人公が、部屋を出ていく同僚に「何も触らないでね」といわれるが、目の前のパネルには気になる赤いボタンと「Restart」というレバーのみ。これは気になって触りたくなるのが人間ってものですよね。。。

謎解きはかなり難しいけど地道にクリアしていこう

ゲームは単純なボタンクリック系の脱出ゲームかと思いきや、記憶が必要になるもの、数学的なものなど、さまざまなタイプの謎解きがあり、かなりハイレベルですね。あまり詳しくは書けないけど、ある行為も、やり方によっては全く異なる結末になるところが面白いです。クリアするたびにある変化に気が付くはずなので、また別の方法を探ってみて!(順番も関係している・・・!!?)

ゲームの感想

500円で十分楽しめた!頑張れば1日でクリアできるかもしれない。シンプルなBGM、昔っぽいドット絵がいいかんじで中毒性があります。私はお正月休みに家族で助け合ってクリアしたけど、攻略系サイトは一切見ていません!想像力、閃き、動体視力、記憶力を総動員させれば必ず解けるはず。なかにはgoogle先生の力を借りる問題もあるけど、それは攻略法ではなく調べるためのものだから問題ない。ちなみにiOS版もあるみたいですね。

画像はクリア少し前のもの

というわけで、あなたも購入ボタンをポチッと押してみよう!

神秘的な水中世界を探索するゲーム「ABZU」をプレイしてみた!

美しい神秘的な水中世界を探索する「ABZU」

STEAMでセールだったので「ABZU」を購入してお正月休みにプレイしてみました。このゲームはダイバーのの少年(?)を操作して色鮮やかな海の中を自由に泳ぎ回りながら、探索するアドベンチャーゲーム。

とにかく言葉では言い表せないほど美しい海の世界に、ついついゲームの進行を忘れて泳ぎ回ってしまいます。物語を進めるにつれて海の世界も、深海へと変化していき、そこに住まう生物たちも変化していきます。大型の魚はつかまって一緒に泳ぐことも可能。

ゲームとしてはシンプルだけど世界観がすごい

ゲームは主人公を操作して進めていくだけの簡単なもの。セリフもテロップも何もないけど、美麗な映像と抒情的な音楽によってストーリーがしっかりと展開されていき、時を忘れて感動的なエンディングへと誘います。

プレイ時間は2時間くらいだから、ちょっとした映画を見ているようです。海を探索することによって実績が解除されるアチーブメントシステムもあるので、時間をかけてゆっくりと海の世界を堪能するのも良いと思います。

感想

とにかく海の世界や癒しが欲しい人にはぴったりのゲーム。美しいグラフィックを盛り上げる神秘的な音楽も素晴らしいですね。ちょっと部屋を暗くして大画面でプレイすると感動モノなので、一度プレイしてみてほしい。とてもリラクゼーション効果のあるゲームだと思います。ただし、アクションや謎解きを期待している人には物足りないかもしれない。

追記:フルスクリーンモードで画面が緑色になってしまう人へ

フルスクリーンモードでプレイすると画面が緑色になって、点滅してしまう場合がある。筆者の場合、NVIDIAコントロールパネルでディスプレイ>解像度の変更でNVIDIAのカラー設定を使用することで解消された。ご参考まで。

STEAM:ABZU

Torchlight ディアブロ風なゲームはいかが?

ピロさんがおすすめしていた「STEAM」というゲーム配信プラットフォームに登録し、「Torchlight」というDaibloライクなハックアンドスラッシュ系のゲームを始めてみました。操作はほとんどマウスだけでOK。PCゲームでキーバインドをバリバリ使っていた自分としては新鮮なほどにシンプルで爽快な感じ。

キャラクターはALCHEMIST(魔法使いタイプ)、DESTROYER(戦士タイプ)、VANQUISHER(ローグタイプ)の3種類から選択可能。各種アビリティの割り振りや、タレントポイントにより、何を強化するか決めることが出来る。

ネトゲも引退して、Diablo3の発売まではゲーム自体やめようと思ってたけど、たまに息抜き程度にやるのも悪くないかな。

  • OS: OS X version Leopard 10.5.8, Snow Leopard 10.6.3, or later
  • Processor: Intel Mac
  • Memory: 1GB RAM
  • Graphics: OpenGL 2.0 compatible video card with 256MB dedicated RAM (ATI Radeon X1600 or nVidia equivalent)
  • Hard Drive: 800MB
  • Other Requirements: