【追記あり】任天堂SwitchがNAT超えできないのでIPoEとPPPoEの併用をしてみた

テレワークにおいて、家庭内のネットワーク機器が増えて接続が安定しなくなっていたので、ルーターをバッファローの「WSR-5400AX6」という新しいモデルに交換してみた。Wi-Fi6にも対応したやつです。

結果としては成功で、速度も速くなり、複数台の同時接続も安定して利用できるようになりました。

しかし、何故だか今まで使えていた任天堂Switchの対戦マッチングができなくなってしまった。調べてみると、NATタイプがCになったことが原因のようです。我が家はOCNバーチャルコネクトですが、今まで問題がなかっただけに謎です。ルーターの相性問題?

IPv6なので、ポート開放なども出来ず、DMZ設置なども試みたのですが、どうしてもNATタイプは変わらずのお手上げ状態。調べてみると、こういう方は結構いらっしゃるみたいですね。(ゲーム機もそろそろIPv6対応してほしい)

解決策としていくつか見かけたのが、IPoEのIPv6接続をそのままに、ゲーム機だけPPPoE接続のIPv4接続してしまうという方法。今まで使っていたルーターも余っているので、早速試してみました。

やり方は図の通り。

まずはONU直下にIPoE/IPv6のルーターを設置(PPPoEパススルー機能を入)します。そして配下にもう一台ルーターを設置して、そちらをPPPoE/IPv4で接続させます。(プロバイダーから用意された認証IDとパスワードが必要)※図中のIPアドレスは自分の環境にあわせてください。

注意点としては、IPoE/IPv6のルーターはPPPoEパススルー機能がついているルーターじゃないとダメということ。また配下に置いたPPPoEで接続するルーターはIPv6パススルー機能などはオフにして、DHCPサーバー機能もオフにする必要があります。

PPPoEルーターに接続させる機器はルーターのDHCPがオフになっているため手動で接続設定をします。任意のIPアドレスを割り当て、ゲートウェイアドレス、DNSアドレスにはPPPoEルーターのIPアドレスを入力します。

以上のやり方でゲーム機だけIPv4で接続をさせることが出来ました。NATタイプもCからBになって対戦のマッチングも無事に出来るように!

追記:さらに、このルーター同士をLANケーブルで接続してネットワークを混ぜるやり方もあるそうです。お互いの機器同士も接続できるメリットもあるけど、セキュリティ的には心配なのでやめておきます。

【追記】しばらくしてから、ネットが突然おかしくなり、PPPoEとIPoEの併用ができなくなった。どうやらDNSで問題が起きている模様。いろいろと試してみるも、どちらかを繋いでいると、片方が接続出来ない。仕方がないので、ONUの直下にスイッチングハブを設置して、ルーターそれぞれに分岐して接続したら問題は解消した。ルーターの設定は上記設定そのままでOK。もし、OCN+バッファローで同じような状況に見舞われた人は試してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA