NieR:Automata(ニーア・オートマタ)をプレイしてみた

STEAMのレビューで高評価を得ていたので、ずっとプレイしてみたいと思っていたアクションRPGゲーム「NieR:Automata(ニーア・オートマタ)」を購入してプレイしてみました!

 久々にアクションRPGというジャンルをやりますが、このニーア・オートマタというゲーム、結論からいうと、とても面白かったです!自分の想像していたより数倍面白かったですね。

以下ネタバレ含むのでご注意ください

ニーア・オートマタの面白かった点

攻撃のコンボが多彩かつ爽快!

攻撃時の斬撃アクションが豊富なこと。小剣、大剣、槍など武器の種類や、その組み合わせや、アクションによってコンボもじつにさまざまです。もともとハクスラ好きな私としては、2Bで攻撃を繰り出してヒャッハーしているだけで楽しいです。

ストーリーとキャラクターが素晴らしい

異星人に襲来されて月に逃げた人類が地球を奪還すべく用意したのは決戦型兵器であるアンドロイド。その最新型「ヨルハ」モデルである2Bがとても魅力的で人気がありますが、相棒である9Sや、A2もパスカルもアネモネさんもアダムとイブもオペレーターさんもみな愛すべきキャラクターたちでした。アクションRPGのなかに詰まった儚い物語に涙せずにはいられないでしょう。1度クリアしても2周目と続けるごとに1周目のストーリーの裏側が見れたりするので、やりこみ要素はたっぷりあります。

ゲームのBGMが良い

ゲーム中の音楽もゲームの世界観ピッタリで良きです。Spotifyやapple musicにサントラもあるので聴いてみてください。

人類のいない荒廃した地球が美しい

人類が月に移住した後の荒廃した地球が舞台。廃墟と化して植物に覆われたビル群はノスタルジックだけど、なぜか美ししさも感じる。PC版のニーアでは、テクスチャーの解像度をアップするMODがあるので出来るだけグラフィックは高設定にしたいところ。

???な点

PC版ではいくつかバグが存在していて、たとえばフルスクリーンにすると解像度がおかしくなったり、ゲーム中のムービーが30FPSでしか再生されない等々せっかくのPC版なのにチューニングされていないようです。でも、これらは有志の開発したFARというMODを入れることで解消されるので安心してください。

あと、キーボードでの操作性は難ありです。チャレンジしてみると意外に出来るもんですが、ハッキングモードは厳しいですね。NAIOMというキーボードの操作性を改良するMODもあるのですが、設定が面倒なので導入していません。一応、入荷待ちなので届いてはいませんが、ロジクールのゲームパッドも購入してあるので、両方で試してみようと思います。

久々の良質なアクションRPGにはまる。

というわけで、「NieR:Automata(ニーア・オートマタ)」というゲーム。いろいろ面白くてファミコン時代のゲームのように夢中になってしまいました。涙あり、笑いあり、手に汗握るアクションありで大満足。

なぜか、STEAM共有で遊んでいる大学生の長男は後から始めたのにレベリングで99まで行ってて完全に抜かされてしまいましたが、ゲームはレベリングだけじゃない!ということでじっくりと遊んで優勝していきたいと思います。

オマケ:FARの設定

  • Lighting→オフ
  • Bloom→Native Resolution
  • Framerate→Remove 60FPS Cap
  • Borserless & Full Screen (Borderless Upscale)をOn
  • Input Management→Cursor Visible 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA